男性が協力してくれない

1人で絶対に抱えこまない

性の悩みの中であるのが育児に負われて全くといっていいほど性欲が沸かない!沸くどころか育児に全く協力してくれない夫に対してイライラするという女性は多いです。

子供が出来たらあんなに喜んでいたのに結局面倒を見るのは自分と言うことに嫌気が指してしまうと言う人もいるでしょう。

そんな育児ノイローゼに対してどのような対処をしていけばいいのかを紹介していきます。

まず最初に育児に関しては出産前からしっかりとお互いに話し合うことが大切です。

女性だけの子供じゃないですし、男性の子供でもあること。

また赤ちゃんに対してどう接していいのか分からないと言う男性もいると思いますのでそう言う男性には家事をしてもらうようにしましょう。

育児と言うのは男性は簡単なもので、女性がするものという決めつけがあります。

男性は女性は育児をすることが喜ばしいことと思っている人も多いです。

しかし、そんなことはありません。付きっ切りで赤ちゃんを面倒見なくてはならないですし、睡眠時間も削られてしまいますし、毎日毎日一緒にいるので自分の時間はなくなってしまいます。

そんなことを尻目に旦那がゲームや外で飲んでくるとなったら女性からしてみればストレスが溜まってしまいます。

外に出歩いて気分転換してくれば?っていうけどまずは寝させて欲しいというのが女性の本音でしょう。

日本人男性はとにかく育児にはノータッチと言う人が多いので、女性はそれを踏まえた上でどう行動するかを前もって予測しておきましょう。

赤ちゃんの面倒を見るのが簡単だというのであれば1日面倒を見てもらいましょう。

その上で家事をする大変さや仕事をする大変さを考えてもらうようにしましょう。

それが出来ないのであれば実家に帰らせていただくということを事前に伝えてもいいです。

それほど大変なことと言うことは覚悟しておかなくてはいけません。

そもそも育児というのは昔はお父さんやお母さんだけではなくておばあちゃんやおじいちゃんなど皆でローテーションをして面倒を見ていたのです。

それが今は夫婦2人で育てることになっているのが当たり前です。

そんな中で夫は相手にしてくれないで1人で面倒を見る女性が増えています。

育児ノイローゼというのを甘えという男性が多いですが、一種のうつ病に近い状態になります。

睡眠障害や慣れない事の連続でイライラしてしまって、大きい声をあげてしまったことに自分を責めてさらに精神的に疲弊をしていく人が多いです。

育児ノイローゼは誰でもなる危険性がありますが、特に完ぺき主義者だったり、責任感が強い性格の人ほど育児ノイローゼになってしまいがちです。

育児ノイローゼになりそうだなぁ~って思ったらまずは対処法としてとにかく人を会って話すことが大事です。

さらに外に出かけるようにしましょう。

また自分を責めすぎないで、甘いものを食べたり、自分の好きなことをしたりしましょう。

そして大事なこととして夫に協力を仰ぐことです。

仕事で忙しいという男性が多いですが、仕事よりも何倍も育児のほうが大変です。

まずは一日だけでも半日だけでもいいので赤ちゃんの面倒を見てみろ!っていってお願いしてみましょう。

1人で完璧にこなそうとするのではなくて出来るだけ多くの人に協力をしてもらう気持ちで居ましょう。

また性欲が沸かないながらも旦那に求められてしまうかもしれません。その時も正直に性欲が沸かないことや育児を手伝ってくれない人になんで私が応えなくてはいけないの?っていいましょう。

育児中はただでさえ精神的にも不安定ですので育児をしてくれないのであればストレスにはけ口に旦那をしても良いと思います。

育児は頑張らないぐらいがちょうどいいんです。

Copyright(c) 2018 誰にも言えない女性の性の悩みを解決. All Rights Reserved. Design by http://www.stjo-loudeac22.org/