安く購入できる

正しい知識を覚えておこう

ジェネリック医薬品というのは日本でも大分浸透してきてはいると思います。

日本の病院でも優先的にジェネリック医薬品が提供される傾向にあります。

いったいどういったものかをなんとなくで理解している人もいれば時には誤った認識をしている人もいますからここで一度ジェネリック医薬品と言うのはどういったものかを理解しておきましょう。

まずジェネリックというのは(後発)という意味があります。

先に発売された後に発売された医薬品と言うことでジェネリック医薬品と言う名前がついており、これは世界共通となっているのでどの国でもジェネリックを出して欲しいといえば通じます。

このジェネリック医薬品ですが、最初に勘違いをしている人が多いですが、消費期限が切れた医薬品でありません。

特許期限が切れた医薬品です。

新薬として認められたら成分や製造工程を全て明かすことで20年ぐらいは独占的に販売をすることが出来ます。

そしてジェネリック医薬品と言うのは特許が切れた医薬品だすので勘違いをしてはいけません。

特許が切れた医薬品を作っても利益になるの?って思うかもしれませんが、開発コストが全然違います。

新薬を作ろうと思ったら大体開発してから10年以上かかることも珍しくありませんし、開発コストはなんと100億円もかかるケースもあります。

それに比べれば開発コストに関しては10分の1程度で言い訳です。だからこそ安く販売をする事が出来ますし、元々有名な医薬品を対象に作られるのでジェネリック医薬品を出すメリットはあります。

例えばED治療薬で有名なバイアグラに関しては非常に多種多様バリエーション豊富に揃っていますし、今ではOD錠と呼ばれる水無しで飲めるものも販売されています。

またジェネリック医薬品といえども非常に厳しい検査が行われており、発売までに3年~5年かかることも珍しくないと言われています。

新薬と同じように溶けるのか、清潔な環境で製造がされているのか、そして新薬と同等の効果があるのかどうかをしっかりと検査が行われているのです。

特に日本の製薬会社の検査と言うのはかなり厳しくて世界トップクラスの検査と言われています。

それを踏まえて新薬と同等の効果が認められて販売されていますのでジェネリック医薬品は効果が無いというのは間違った考え方です。

そしてジェネリック医薬品と言うのはどうして先入観で効かないのではないかというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

新薬のほうがブランド力があるのでどうしてもそう思ってしまうのかもしれませんがただの思い込みです。

もちろん薬によって若干の差はありますが、あくまでも範囲内として認められています。

まずは医薬品を試してみたいけれど金額的に負担が大きいと思ったらジェネリック医薬品を試すことをオススメします。

特にジェネリック医薬品は日本の医療保険制度による財政を圧迫している現状を緩和させる方法として国も推奨していますから安心低利用してください。

Copyright(c) 2018 誰にも言えない女性の性の悩みを解決. All Rights Reserved. Design by http://www.stjo-loudeac22.org/