2人の問題

男性を視覚で喜ばせる

心ない男性に「なんかお前とエッチをしてもつまらない」を言われてしまって別れてしまったという経験をしたという女性が居ます。

また他には純粋に大好きな男性だから気持ちよくなって欲しいと思ってHが下手じゃなくて上手になりたいと思っている人もいるでしょう。

男性も女性も変わらず好きな人には気持ちよくなって欲しいと思うのは当然です。

というよりもHが下手と思われたくはないですよね。

Hは相性があると言いますが、やっぱり少しでもその相性の距離を縮めたいと思うはずです。

女性も意外と気にするHのスキルを磨く為にどんなことに気をつければいいのかを紹介します。

まず最初にポイントとして男性と女性ではHの時に働く感覚が変わると言われています。

男性は部屋の明るいところが良いって言いますよね。逆に女性は部屋を暗くして欲しいといいます。

それは男性はやはり視覚で判断して、女性はまず裸を見られるのが恥ずかしいからと言う理由と触れられたりする触感を大事にしているからです。

人体の感覚の7割を占めると言われている視覚が遮られることで、感覚が敏感になるため女性は部屋を暗くしたほうが感度が増すとも言えます。

しかし、やはり男性を喜ばせたいと思ったら男性の視覚を奪うようなことはしてはいけませんので恥ずかしくても真っ暗じゃないようにしてあげましょう。

多少なりとも部屋を明るめにしてあげることで、より妖艶に見えることもあります。

うす暗いところで話をするとお互いにかっこよく、可愛く見えるものです。

そして男性が求める女性としては色っぽさを求めます。

昼は淑女で夜は娼婦とという言葉があるように、自分にしか見せない、彼女は自分の前ではこんな表情をするというのが興奮をします。

もちろん娼婦と言うのは大げさな表現ではありますし、あまりにもHに手馴れすぎてしまうのもちょっと男性は引いてしまいますので気をつけましょう。

簡単に言ってしまえばHが下手という人はずばりマグロな女性です。

完全な受身です。身動き一つせずただ仰向けになって寝ているだけ。

たまに反応したと思ったらピクっと動いて「痛い」。

こんなことをされたら男性はかなり冷めてしまいます。ある程度の反応は欲しいわけです。

次にあるのが男性に対しての奉仕が少ないということです。適当な感じでこれぐらいしておこうかみたいに握られてゴシゴシやられても男性は気持ちいいとは思いません。

また男性器を咥えるのにしてもやはり歯を立てて咥えるようなことはしないで下さい。男性もそこは女性を気遣って我慢しているのです。

気持ちよくしてもらえるはずが苦痛の時間になってしまわないように絶対に歯を立てないようにしてください。

そして最後に騎乗位が下手な女性はやはり萎えてしまいます。

男性も休憩を挟みたいわけですし、自分のお腹の上で激しく腰を振る姿を見て興奮をするわけです。

最初からうまい人なんて誰もいません。最初は疲れてしまったり、筋肉痛になるかもしれません。

特に普段から体を動かしていない人は大変に感じると思いますが、それでも徐々に上達をするように努力をする事が大切です。

ポイントをまとめると、やはり男性は視覚で判断をするのでHの時はある程度反応をしてあげることと、女性は恥ずかしいからと言って受身になりすぎずにHがうまくなりたいと前向きに行動をしましょう。

特に日本人の方はHに対する意識が固い人が多いです。

海外では一種のスポーツのような感覚でお互いの良いところや駄目なところをきちんと話し合うようにしている男女も珍しくありません。

H1つで長く付き合っていけるかどうかの重要なポイントにもなりますのでHが下手だと思っている女性ほどしっかりと上達する努力をしていきましょう。

Hというのは1人では出来ません。2人でするものです。

Copyright(c) 2018 誰にも言えない女性の性の悩みを解決. All Rights Reserved. Design by http://www.stjo-loudeac22.org/